ESports Transfer Money

eSportsベッティングアカウントの適切な管理は、責任あるギャンブルの重要な側面です。賭けにはお金が必要であり、ブックメーカーが提供するものを楽しむには十分な資金のあるアカウントが必要です。銀行経由の送金は、オンラインeスポーツ賭博サイトで最も広く使用されている支払い方法の中で上位にランクされています。ほとんどすべてのパンターは、国内または海外の銀行口座を所有しています。

ある時点で、彼らはこの方法を使用してオンラインブックメーカーに送金することに気づきます。このオプションを使用したいプレイヤーは、それがどのように機能するか、そしてその長所と短所についての基本的な知識を持っている必要があります。この記事では、これらについて詳しく説明します。

送金eスポーツベッティングについて

送金eスポーツベッティングについて

ある銀行口座から次の銀行口座への送金は、紀元前1、800年までさかのぼることができます。このアイデアは、金貸しがローンを提供して利息を請求するときにバビロンで始まりました。同時に、ローマと ギリシャ語 銀行は貯蓄として預金を受け入れていました。

歴史を通じて、銀行技術はいくつかの紆余曲折を経てきましたが、インターネットを介して送金する機能は最も重要な変化でした。オンラインバンキングは、90年代半ばにWebベースの接続がグローバルなものになるとすぐに始まりました。

送金は人気がありますか?

送金はおそらく最も古い取引方法です。また、世界中のすべての国で最も人気のある支払いシステムです。それが最も広く使われているのは当然のことです eスポーツベッティングの支払いオプション。今日のほとんどすべての商業銀行には、ユーザーがサインアップして財務をリモートで監視および管理するオンラインバンキングプラットフォームがあります。

一部の銀行は、受取人が同じ機関内に口座を持っている限り、無料で電子的に送金します。他の人は有料でそれをしますが、転送時間は問題の金額に依存します。

送金eスポーツベッティングについて
送金で入金する方法

送金で入金する方法

ベッターがeSportsベットのプレイを開始するために銀行経由で送金することを選択した場合、ベッターは銀行口座IDを知っている必要があります。 オンラインeスポーツスポーツブック。世界中に無数の銀行システムがあるため、電子的に資金を送金するプロセスは、異なる銀行間で同じではない場合があります。同様に、プロセスはトランザクション制限と転送時間枠の点で異なります。ただし、平均転送時間は、地方銀行の場合は24〜48時間、国際銀行の場合は2〜5営業日です。

オンラインeスポーツブックメーカーでの送金の使用

銀行システムの微妙な違いにもかかわらず、基本的な概念は同じままです。この入金方法を好むeスポーツベッターは、次のようなプロセスを使用します。

  1. eSportsブックメーカーに個人アカウントを登録する
  2. ログインクレデンシャルを使用してアカウントを開きます
  3. 銀行/支払い/キャッシャーのセクションに移動します
  4. オンラインバンキング、電信送金、または直接銀行振込を選択します
  5. お気に入りの銀行にチェックを入れる
  6. 安全なゲートウェイにログインするか、ルーティング番号とアカウント番号を入力します
  7. モバイルアプリ、電子メールプロンプト、またはSMS経由で送信されたOTPを介してログインを認証します
  8. eSportsベッティングアカウントにデポジットする金額を追加します
  9. 支払いを確認する
  10. 賭けのクレジットを受け取る
送金で入金する方法
送金で出金する方法

送金で出金する方法

ビジネスでeコマースサイトを使用したことのあるギャンブラーなら誰でも、ウェブサイトから個々の銀行口座に送金するのがいかに簡単であるかを理解しています。ブックメーカーから賞金を引き出すことは、預け入れの逆です。

  1. eSportsベッティングサイトを開き、パスワードと電子メールまたはユーザー名でログインします
  2. 銀行/レジ/支払いページに移動します
  3. 賞金と引き出し金額を確認する
  4. 引き出しの支払い方法を選択してください-インターネットバンキング、銀行振込、または電信送金
  5. 一意のオンラインバンキングIDを提供する
  6. 賭け口座と銀行IDを確認します(同期している必要があります)
  7. 承認を待つ
  8. ブックメーカーは、2〜5営業日以内にプレーヤーの銀行口座に送金します

送金の引き出しは即時ではありません。まず、 eSportsベッティングプロバイダー プレーヤーの身元を確認するのに少し時間がかかります。これは、オンライン詐欺を回避するのに役立つオンラインギャンブルの重要なセキュリティ対策です。オンラインギャンブラーが苦労して稼いだ賞金をだまされることがますます一般的になっています。そのため、すべての合法で安全なサイトは、撤退を要求している人が実際にeSportsの賭けに参加したかどうかを再確認するのに時間がかかります。

送金で出金する方法
送金の長所と短所

送金の長所と短所

eSportsのパンターがオンラインで送金する場合、モバイルデバイスまたはコンピューターを介して銀行口座を管理します。これは、トランザクションを完了するためにブランチにアクセスする必要がないことを意味します。これには、以下に示すように、長所と短所の両方があります。

長所

  • 数回のクリックまたは電話画面のスワイプでオンラインeスポーツ賭博サイトにお金を預ける機能
  • 比較的低い転送コスト
  • チェックアウトのための安全な休暇

短所

オンラインのeSportsベッティングアカウントに送金する前に、ATMまたは銀行を見つけてアカウントにお金を入れる必要がある場合があります。このプロセスは複雑になる可能性があります。国によっては、ギャンブル取引が追跡されたり、当局によって厳しく制限されたりする場合があります。

  • 国の厳格な法律および規制の対象となる場合があります
  • 面倒な転送
送金の長所と短所
送金口座開設プロセス

送金口座開設プロセス

送金口座を取得するには、国民IDが必要です。つまり、法定年齢に達している必要があります。異なる通貨に対応できる国際口座を開設することも可能です。しかし、そのようなアカウントは、多くの場合、毎日の取引量に関して制限されています。さらに、別の国への電信送金の実行には時間がかかります。

一部の国では未成年者が銀行口座を持つことを許可していますが、未成年者は成人の保護者または保護者の監督下にある必要があります。すべての機関が独立して運営されているため、新しい銀行口座を開設するのに別の銀行口座は必要ありません。

アカウントの設定方法

銀行振込口座を開設するには、簡単ですが正式な手続きが必要です。

  • 銀行機関と口座の種類の選択:各銀行には、当座預金口座、固定預金口座、普通預金口座など、さまざまな口座オプションがあります。当座預金口座は、オンライン送金に最適です。
  • 個人情報の記入: 口座開設フォームは提案のようなものです。ここで、申請者は氏名、電子メール、電話番号、住所、および税務コンプライアンスの詳細を提供します。
  • 身元の証明: 銀行は、パスポートサイズの写真、IDカード、指紋、署名を要求します。
  • オンラインバンキングプロファイルの作成: 申し込みが受理されると、顧客はオンラインの送金口座を開くことができます。このプロセスは、銀行のWebサイトまたは対応するモバイルアプリで実行できます。
送金口座開設プロセス
送金カスタマーサポートオプション

送金カスタマーサポートオプション

送金口座は、物理的な支店からリモートで管理されます。金融機関に足を運んで何かを問い合わせることは可能ですが、オンライン通信の方が便利です。信頼できるプロバイダーには専用のコールセンターがあり、そのオンラインエージェントはいつでも顧客とチャットできます。顧客の問題を解決するための最も一般的なチャネルは次のとおりです。

  • 電話
  • Eメール
  • オンラインお問い合わせフォーム
  • ライブチャット

ほとんどの金融機関は、朝に電話回線を開き、夕方に電話を閉じます。週末・祝日の一部時間はお電話が取れない場合がございます。メールとオンラインフォームは24〜48時間以内に返信されます。ほとんどのライブチャットはバンキングアプリで利用できます。ボット対応のものもあれば、人間の顧客担当者が関与するものもあります。

送金カスタマーサポートオプション