10 ESports インドネシア

いくつかのアジア諸国は、あらゆる形態のギャンブルを禁止する意図を持っています。インドネシアも同様のスタンスを維持しており、それ以来、制限を別のレベルに引き上げています。ギャンブル問題に関する国の見方に向けた主な要因は宗教です。インドネシア人の約85%はイスラム教徒です。

イスラム教はあらゆる種類のギャンブルを禁じています。しかし、2億4000万人以上の人口を抱える国では、非イスラム教徒のわずかな割合が依然として数百万人を占めています。すべての制限にもかかわらず、ギャンブルは人気のある娯楽活動です。住民たちは、法律に煩わされることなくギャンブルを楽しむための抜け穴をたくさん見つけました。これには、高い割合で人気を集めているeSportsベッティングが含まれます。

10 ESports インドネシア
なぜ一部のインドネシア人はギャンブルをするのですか?

なぜ一部のインドネシア人はギャンブルをするのですか?

ギャンブルが国内で普及しているもう1つの理由は、インドネシア政府にも、それに対するすべての法律を施行するのに十分なリソースがないことです。これは特にオンラインベッティングの場合であり、パンターは自分の裁量で賭ける自信を持っています。いくつかの簡単で便利な支払いオプションは、プレーヤーにオンラインギャンブルに非常に必要な便利さとセキュリティを提供します。さらに良いことに、匿名でギャンブルをしたいインドネシアのパンターは、今日では比較的一般的な支払い方法である暗号通貨を使用することもできます。

数多くの国際的なオンラインカジノにより、インドネシアのパンターはお気に入りのeスポーツゲームに賭けることができます。ただし、プレーヤーは、究極のゲーム体験のために、インドネシアの最高のeスポーツベッティングサイトに固執することをお勧めします。ありがたいことに、ほとんどのインドネシアのカジノは徹底的に見直されており、プレーヤーは情報に基づいた選択を簡単に行うことができます。

なぜ一部のインドネシア人はギャンブルをするのですか?
インドネシアでのeスポーツベッティングの歴史

インドネシアでのeスポーツベッティングの歴史

eスポーツベッティングはインドネシアでは比較的新しいものです。長い間、インドネシアのパンターは、特にリアルマネーのオンラインベッティングに関しては、eスポーツを高く評価していませんでした。これは主に、eスポーツ業界が高度に規制されていなかったためです。しかし、その概念は、eSportsが世界中でニュースの見出しを作り始めた2012年頃に変わり始めました。

スポーツへの賭けを好む人は、COVID-19パンデミックの最中にeSportsに軸足を移しました。この変更は主に、主流のスポーツイベントがすべてキャンセルまたは延期されたため、賭けることができる十分なスポーツが行われていなかったという事実に影響されました。そのためeSportsは非常に人気があり、パンデミック期間を過ぎても人気は続きました。

インドネシアでのeスポーツベッティングの未来

インドネシアを賭けるeスポーツの将来を正確に予測する方法はありません。特にギャンブルに対する制限的な法律があります。パンターはeスポーツに賭けるのが好きなようで、成長の可能性を示しています。賭けサイトもeスポーツの市場を拡大しており、eスポーツベッティング業界の人気を高めるためにマーケティングキャンペーンに多額の投資を行っています。これらの努力は国内で報われる可能性が高く、その結果、より多くのインドネシア人プレーヤーが オンラインeスポーツベッティング そしてそれを試してみてください。

一部の業界専門家はまた、ギャンブル禁止法は、グローバルなダイナミクスに準拠するよう圧力をかけられて、将来緩和される可能性があると予測しています。国を訪れる観光客の増加は、eスポーツベッティングを合法化する上で不可欠であることがわかるかもしれません。さらに、技術が進歩するにつれて、インドネシア人の宗教的信念も時間とともに低下する可能性があり、ギャンブル法を緩和することができます。

インドネシアでのeスポーツベッティングの歴史
インドネシアのギャンブルの一般的な歴史

インドネシアのギャンブルの一般的な歴史

インドネシアでのギャンブルに関する多くの制限は、常にそこにあるとは限りません。ある時点で、 中国の影響 その国ではギャンブルが発生しました。カードやコインゲームなど、700年以上前のこの国での簡単なギャンブル活動の記録があります。記録によると、ゲームは当時インドネシアのルピア(IDR)カジノで流行していた。

すべてが変わったのは14世紀のことでした。その時、イスラム教が全国に広がり、インドネシアのギャンブルに対する一般的な見方に影響を与えました。しかし、当時、ギャンブルを禁止する法律は作成されていませんでした。宗教の影響を受けなかったパンターは、自由にギャンブルを続けました。

独立後

インドネシアは1960年代に独立を獲得しました。新政府は、それを許可または禁止する法律がまだなかったため、国内でのギャンブルに関する明確な立場を持っていませんでした。それは政府がそれについて何かをすることを決定した1970年代まで続きました。政府はシャリーア法を課し、市民は法を厳守することが義務付けられました。法律は、オンラインギャンブルを含むあらゆる形態のギャンブルを禁じており、非常に率直にそうしています。

インドネシア政府は、2012年にさらなる措置を講じることを決定しました。インドネシア政府は、すべてのオフショアオンラインカジノがインドネシアのパンターにプラットフォームでのプレイを許可したり、市民にあらゆる形態のギャンブルサービスを提供したりすることを禁止しました。しかし、多くの新しいオンラインカジノが出現し、インドネシア人に賭けサービスを提供し続けたため、その影響は一時的なものでした。今日まで、インドネシア政府からの承認がないにもかかわらず、インドネシアのプレーヤーを受け入れるオンラインカジノはまだたくさんあります。

インドネシアのギャンブルの一般的な歴史
インドネシアのギャンブルの未来

インドネシアのギャンブルの未来

将来的には、インドネシアのパンターが安全かつ匿名でオフショアカジノでギャンブルできるようにする技術の進歩のおかげで、インドネシアではギャンブルが続く可能性があります。政府はギャンブルを完全にやめる手段と能力を欠いているかもしれません。

ギャンブル活動は、収入を生み出すさまざまな方法を模索しているため、ほとんどの政府にとって非常に有利であることが証明されています。多くのアジア諸国がギャンブル問題に対する姿勢を和らげているため、インドネシア政府は、各国がギャンブル活動を全面的に禁止することがますます困難になっていることを考えると、それに続く可能性があります。

インドネシアのギャンブルの未来
インドネシアではカジノは合法ですか?

インドネシアではカジノは合法ですか?

上記のように、インドネシアではギャンブルは依然として違法です。ほとんどの規則はこの問題に関して比較的単純であり、政府の一般的な口調と立場は疑いを消し去ります。ただし、ギャンブルが違法である他の国と同様に、市民がお気に入りのゲームを楽しむために使用できるいくつかの法的な抜け穴があります。ギャンブルに対する特定のルールを知ることは、パンターがそのような抜け穴を見つけるのに役立ちます。

インドネシアのeスポーツ法

インドネシアでは、あらゆる形態のeスポーツベッティングが一般的に禁止されています。ただし、国の憲法には、eスポーツゲームを対象とする特定の書面による法律はありません。つまり、eスポーツへの賭けをサポートまたは禁止する特定のルールはありません。これは、オフショアのオンラインカジノでプレーする場合に特に当てはまります。これは、eスポーツがギャンブル禁止法がすでに制定されてからかなり経ってから生まれたためです。 eSportsを組み込むための法令の改正はまだありません。支配的な宗教であるイスラム教はギャンブルに反対しているため、ほとんどの市民は宗教的根拠に基づいて自分自身を制限するだけです。

インドネシアではカジノは合法ですか?
インドネシアでの賭け行為

インドネシアでの賭け行為

正式なインドネシア憲法には、オンラインギャンブルを禁止する特別な法律はありません。しかし、政府は公式にシャリア法を採用しています。宗教に関係なく、すべての市民はシャリーア法に従うことが期待されています。法律に違反した者には厳しい罰が科せられます。シャリーアの法律によると、ギャンブルは不道徳で中毒性があると見なされています。規則はまた、ギャンブルがプレーヤーの社会的責任を思いとどまらせることを示しています。シャリーア法がギャンブルを禁止しているのはそのような理由によるものです。

インドネシアでのギャンブルに対する罰則

インドネシア政府が国内のすべてのギャンブル活動を停止するための広範な取り組みの一環として、ゲーム法に違反した個人に多額の罰則を課しています。これには、国内のギャンブル事業者とギャンブルを行う参加者の両方が含まれます。たとえば、犯罪者は公の場で残酷に笞罪にされることで罰せられる可能性があります。罰は通常、同じ犯罪を犯すことを考えているかもしれない他のすべての個人に警告するために公に実行されます。しかし、今日の笞罪は国の一部の州にのみ適用されます。

他の州では、ギャンブル犯罪は通常、懲役刑に処せられます。個人は、3年から5年の懲役の間にギャンブルの顔を捕らえました。ギャンブルの運営を行っているのを見た人は、最大10年の懲役に直面します。違反の性質によっては、罰金が判決に含まれる場合もあります。

最近では、ギャンブル犯罪に巻き込まれ、警告だけで失望した個人の事例が数多くあります。これは特にオンラインギャンブルの場合です。理想的には、オンラインギャンブルは、国民が国内の違法な伝統的なカジノに関連する詐欺やギャング活動に参加することも防ぎます。仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用すると、オンラインでの賭けもはるかに安全になります。

インドネシアの法定ギャンブル年齢

インドネシアではギャンブルは違法であるため、市民が合法的にギャンブルできる年齢は特にありません。ただし、インドネシアのパンターがプレイできるほとんどの国際的なオンラインカジノでは、通常、ポリシーに最低年齢制限があります。ほとんどのサイトでは、年齢制限は通常18歳です。

インドネシアでの賭け行為
インドネシアのプレーヤーのお気に入りのゲーム

インドネシアのプレーヤーのお気に入りのゲーム

リーグ・オブ・レジェンズ

リーグ・オブ・レジェンドは 最も人気のあるeスポーツタイトル インドネシアだけでなく世界的にも。ゲームプレイは、複数のプレイヤーが同時に競争するバトルアリーナを特徴としています。リーグ・オブ・レジェンドは、それが通常取り上げられる数多くのトーナメントやイベントのために、主に人気があります。つまり、プレイヤーはいつでも賭けることができるリーグオブレジェンドイベントを見つけることができます。

Dota 2

Dota 2は、Valveによって開発されたもう1つの人気のあるeSportsゲームで、Defense of theAncientsの続編として登場しました。ゲームプレイにはマルチプレイヤーバトルアリーナもあり、プレイヤーは122人の可能なヒーローから選択できます。それぞれのヒーローには独自の機能があり、ゲームをより面白くするのに役立ちます。このゲームはまた、パンターに多くの賭けの機会を提供します。これは、このゲームが非常に人気がある理由です。

カウンターストライク:グローバルオフェンシブ

Hidden PathEntertainmentとValveがこのゲームを開発しました。これは、2つのチームが互いに戦うオンラインマルチプレイヤー一人称シューティングゲームです。 Counter-Strike:Global Offensive(CS:GO)は、ほとんどの賭けサイトで最も一般的に取り上げられているゲームの1つです。このゲームのベットタイプには、最初のキル、最初から5ラウンド、マップオーバー/アンダー、グループ勝者、ナイフラウンド勝者などがあります。

トムクランシーのレインボーシックスシージ

このゲームは、2015年にUbisoftによって公開されたタクティカルシューターオンラインビデオゲームです。ゲームにはさまざまなモードがあり、各プレーヤーが1人のキャラクターの制御を引き受け、チームメートと協力してミッションを達成します。通常ゲームに配置される賭けの種類には、先物が含まれます。 トーナメントの勝者、ハンディキャップ、および地域の勝者、とりわけ。

インドネシアのプレーヤーのお気に入りのゲーム
インドネシアでのお支払い方法

インドネシアでのお支払い方法

銀行カード

銀行カードは間違いなく 最も優勢な支払い方法 インドネシア人の間で。これには、クレジットカードとデビットカードが含まれます。銀行カードは簡単に入手でき、国内のほとんどの銀行が資格のある人なら誰にでも発行できます。クレジットカードを使用してオンラインで支払いを行うことも、通常は非常に簡単です。ほとんどのeSportsベッティングサイトでは、通常、ユーザーは取引を完了するためにのみカード情報を入力する必要があります。ただし、クレジットカードは、使用するオンラインカジノが信頼でき、信頼できると確信しているパンターにとっては良い選択肢にすぎません。

暗号通貨

インドネシアでのギャンブルの状況のため、ほとんどのパンターは暗号通貨を介して支払いを行うことを好む傾向があります。これは、暗号通貨が安全かつ匿名で支払いを行うことを可能にするためです。つまり、ギャンブル取引はパンターにまでさかのぼることができません。インドネシアのプレーヤーを受け入れ、暗号通貨の支払いオプションを提供するオンラインカジノを見つけることが通常の主な課題です。ほとんどのeSportsベッティングサイトは、暗号通貨のボラティリティが高いため、通常、支払いシステムを敬遠しています。

デジタルウォレット

インドネシアではデジタルウォレットも利用でき、非常に人気があります。使いやすさから好評です。パンターは、他の国に旅行するときでも、デジタルウォレットから支払いを行うことができます。ほぼすべての主流のオンラインカジノは、デジタルウォレットからの支払いも受け付けています。さらに、パンターはデジタルウォレットを介してeSportsの賭けサイトから資金を引き出すことができます。

インドネシアでのお支払い方法
よくある質問

よくある質問

インドネシアを拠点とするオンラインギャンブルサイトはありますか?

インドネシアには公式または合法的なギャンブルサイトはありません。これは、厳格な法律により、ギャンブル事業者が国内でゲーム事業を営むことを禁じているためです。

インドネシアのプレーヤーはeスポーツに安全に賭けることができますか?

制限法にもかかわらず、インドネシアのプレーヤーはeSportsに安全に賭けることができます。彼らがする必要があるのは、評判が良く信頼できるeSports賭博サイトを選択し、信頼できる仮想プライベートネットワークを使用してサイトにアクセスし、すべてのトランザクションを匿名で行うことです。この方法は、安全な代替手段であるにもかかわらず、依然として法律に違反している可能性があることに注意することが重要です。パンターはまた、VPNを介した登録と賭けが許可されているかどうかを確認するために使用される賭けサイトのポリシーを確認する必要があります。

観光客はインドネシアでギャンブルをすることができますか?

観光客は、出身地に関係なく、国内での滞在期間中はギャンブル活動に参加することはできません。彼らは、インドネシア国内でのあらゆる形態のギャンブルを禁止するすべての国の法律を遵守しなければなりません。

よくある質問