10のベスト e スポーツ ベッティング サイトインド

インドでのギャンブルの人気は過去20年間で指数関数的に増加しており、これはさらに数十年続く可能性があります。統計によると、現在、人口の80%以上が少なくとも年に1回はギャンブルをしています。国内のギャンブル市場は、毎年平均600億米ドルをもたらし、その一部は違法なギャンブルから生み出されています。

インドのギャンブル産業の成長に寄与する主な要因は、オンラインゲームの開発です。オンラインプラットフォームを使用すると、ほぼすべての人がギャンブルの機会に簡単にアクセスできます。インドのインターネットへのアクセスがかつてないほど簡単かつ安価になったため、技術開発と国の成長する経済はそれに大きく貢献してきました。

10のベスト e スポーツ ベッティング サイトインド
Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherHaruki NakamuraResearcher

オンラインカジノの運営者も、インドでのギャンブルの人気の高まりに大きく貢献しています。手始めに、スポーツベッティング、仮想カジノゲーム、ライブゲーム、スロットなど、何千もの異なるギャンブルオプションを提供しています。

eスポーツベッティングは、すべてのオプションの中で最も急成長しているものの1つです。カジノ運営者がギャンブルの成長に貢献する他の方法には、有利なボーナスの提供、簡単な支払いオプションの提供、効果的なマーケティングキャンペーンの実行などがあります。

オンラインeスポーツベッティング インドのオンラインゲームシーンで急速に主流になっています。パンターが絶えず最高のeSportsベッティングサイトインドを探しているので、eSportsイベントをカバーするブックメーカーの数は増え続けています。

インドでのeスポーツベッティングの歴史

インドでのeスポーツベッティングは比較的新しいものです。ただし、前述のように、それはまだ途方もないペースで成長しています。手始めに、インドに賭けるeSportsを提供するオンラインプラットフォームの数は数千に増えました。これは、インドのパンターがeSportsの賭け市場を提供する国際的なオンラインカジノにアクセスできるようになったためです。それらのほとんどは、国際的なサイトであるにもかかわらず、現地通貨を使用して取引を行うことができるため、さらに便利になります。

インドでのギャンブルの歴史

多くの専門家は、インドでのギャンブルは紀元前7300年にさかのぼると主張しています。これは主に、ギャンブルに使用されるサイコロとボードについて言及している有名な神話のラーマーヤナの物語に記述されていることに基づいています。物語はまた、ギャンブルに対する前向きな姿勢を表しており、それがコミュニティで一般的に受け入れられていることを示しています。紀元前3200年頃に書かれたマハーバーラタは、ギャンブルに対するかなり否定的な態度を説明しています。歴史の専門家は、マハーバーラタが書かれ、社会で一般的に受け入れられなかったときにギャンブルが制御不能になっていた可能性があると主張しています。

マハーバーラタに描かれている否定的な態度にもかかわらず、インドではギャンブルが続いていました。たとえば、仏教徒は紀元前300年初頭にサイコロとしてビビタカの木の実を使用していました。 Passaと呼ばれるゲームは、後にアストラガリがサイコロに取って代わったときに導入されました。さらに、インド人も動物に賭け始めました。そのようなギャンブルには、ラムの戦いや闘鶏への賭けが含まれていました。その後、競馬への賭けに進みました。

最近のインドでのeスポーツ

インドでのギャンブルの最近の歴史は、従来のギャンブルから最新のオンラインオプションへの移行を伴います。これは、インターネットがパブリックドメインに入った後、1990年代半ばから後半に発生しました。当時、オンラインギャンブルについて知っている人はほとんどいませんでした。政府はまた、オンラインカジノの運営者に多額の税金を課し、運営を思いとどまらせました。国内でオンラインギャンブルを普及させるには、ヨーロッパとアメリカの影響を受けて数年かかりました。

スポーツベッティングは、インドでオンラインギャンブルを普及させる上で最も重要な役割を果たしました。これは特にクリケットに当てはまります。クリケットは今でも国内で最も人気のあるスポーツです。

インドのギャンブルの歴史における重要な変化

最近の歴史におけるインドのギャンブル業界への1つの重要な変化は、1867年に起こりました。それは、公的ギャンブル法が法制化されたときでした。ほとんどのギャンブルゲームや宝くじが違法になったため、法律によりほぼすべてのカジノが閉鎖されました。しかし、ビジネスは地下で繁栄し続けました。独立を獲得した後、インドの29の異なる州はギャンブルを統治することを許可されました。その結果、多くの規制がありますが、一部の州ではギャンブルが合法化されました。

インドでのeスポーツベッティングの未来

現在、eSportsの賭けは、すべての形態のオンラインギャンブルの約5%を占めています。これは、従来の市場と比較してどれほど新しいかを考えると重要です。専門家は、この割合は数年以内に3倍になる可能性が高いと予測しています。彼らはまた、eスポーツベッティングが最終的に最も人気のあるオンラインギャンブル市場になることを期待しています。これは、COVID-19の大流行の最中に証明されたように、eSportsイベントは通常、自然発生による影響が最も少ないことを考えると、信頼できるためです。 eSportsの賭けもとても楽しいです。

eスポーツベッティングプロバイダーもインドの成長に重要な役割を果たします。手始めに、彼らはおそらくより多くの賭けの機会を導入し、より多くの新しく革新的なゲームを特徴とし、より多くのパンターを引き付けるための有利なオファーを提供します。テクノロジーの向上とインターネットへのアクセスの増加も、インドのeSportsの成長に貢献します。

インドではカジノは合法ですか?

ギャンブルに関するインドの法的地位はかなり複雑です。手始めに、ギャンブルは各州によって独立して管理されています。つまり、ギャンブルは一部の州では合法と見なされ、他の州では完全に違法と見なされます。ギャンブルが違法である州では、違反に対する罰も異なります。シッキムやゴアなど、ギャンブルが禁止されていない州では、プレイできるゲームにいくつかの制限があります。

1867年のギャンブル法によると、当時存在していたすべての形式のギャンブルは、それらを合法化するために公式に独立した州法を制定した州を除いて、技術的に違法です。ただし、eSportsの法律に関してはいくつかのあいまいさがあります。これは主に、市民がインドに賭けるeスポーツを禁止する法律が制定されていないためです。これは特に、国外に拠点を置くカジノからeSportsに賭ける場合に当てはまります。

インド政府はまた、eスポーツイベントに賭けたパンターを罰することに消極的です。ギャンブルが違法である州の市民を含む多くの市民は、eスポーツで何年もの間ギャンブルをしており、この問題に関して特に目立ったケースはありません。

インドでの賭け行為

1867年の公的賭博法

この法律は、議会が可決したときにすべてのインドの州を統治する中心的な法律でした。法律によると、ギャンブルの運営や責任を負うことは違法でした。そのための罰には、最高3か月の罰金または懲役が含まれていました。この法律はまた、市民がギャンブルの家を訪問することを禁じていました。ギャンブル施設を訪問したことに対する判決には、最高1か月の罰金または懲役も含まれていました。

1955年の賞品競争法

インドの国会は1955年にこの法律を可決し、賞を受賞したすべてのギャンブル活動を制限しました。この法律は、数字、絵、クロスワード、パズル、またはアルファベットのコンテストで優勝したことで1000ルピー以上の賞金を提供するすべてのコンテストを禁止しました。

2000年情報技術法

政府は、インドの既存の法律でカバーされていないサイバー活動を管理するためにこの法律を実施しました。しかし、この法律は、賭けやギャンブルなどの言葉に言及することができず、裁判所による解釈のためにそれを開いたままにしました。この問題はまださらに調査または検討されておらず、オンラインのパンターが法律の範囲内で活動するための抜け穴を提供しています。マハラシュトラ州のボンベイ賭博法では、オンラインギャンブルは特に禁止されています。

1974年のテランガーナ州賭博法

インドの州の大多数は、スキルのゲームは合法であると考えています。これは、Telangana State GamingActに準拠しているTelanganaおよびArunachalPradeshには当てはまりません。この行為は、スキルゲームを違法と見なします。

1976年のゴア、ダマン、ディウギャンブル法

この法律は、5つ星ホテルやオフショア船でのギャンブルのいくつかの形態を合法化しました。この法律はまた、非定期的および定期的な料金の支払いなど、さまざまな条件に実装をさらしました。

2005年ギャンブル法のシッキム規制

この法律により、シッキムはギャンブルを合法化するインドで2番目の州になりました。この法律により、当局は特定の日にギャンブル活動を許可したり、その裁量でギャンブルハウスにライセンスを供与したりすることができます。この法律はまた、インターネットギャンブルを合法化しました。

インドのギャンブル業界を規制するその他の注目すべき法律や政策には、2007年の支払いおよび決済法、1963年のカルナータカ州警察法、1977年のJ&K公営ギャンブル法などがあります。

インドのプレーヤーのお気に入りのゲーム

利用可能な何百もの異なるeスポーツゲームの中で、いくつかの特定のゲームはインドの他のものより人気があるようです。これは特にプロのパンターに当てはまります。人気の要因には、儲かる賞品、楽しい要素、ゲームが提供する賭けの機会の数などがあります。以下は、インドで人気のあるeSportsゲームのいくつかです。

カウンターストライク:グローバルオフェンシブ

このマルチプレイヤーファーストパーソンシューティングゲームは、2012年にリリースされて以来、最も人気のあるeスポーツゲームの1つです。多くのインド人が利用可能な多数のeスポーツゲームを発見するためのゲートウェイとして機能したため、インドの風景を大きく変えることができました。楽しむ。

Dota 2

Dota 2は、各サイドに5人のプレイヤーがいる2つのチームがプレイするオンラインマルチプレイヤーバトルアリーナゲームです。このゲームは、友達が協力して対戦相手を倒すことができるため、インドでは非常に一般的です。また、Dota 2 トーナメント 通常、非常に有利な賞金を獲得し、インドや他の多くの国から多数のチームを引き付けます。それはゲームの人気に大きく貢献しています。

プレイヤー不明の戦場

このeSportゲームは、インドのカジュアルプレイヤーに広く普及しています。一度に最大100人のプレイヤーがプレイできます。プレイヤーはマップにドロップされ、各プレイヤーはゲームに勝つためにマップに残っている最後のプレイヤーになるように努力します。インドには3000万人以上のアクティブユーザーがいます。

インドでの支払い方法

銀行カード

銀行カードはインドのものです 最も人気のある支払い方法、特にデビットカードとクレジットカード。銀行カードの使用は、有効なカードの詳細を入力して取引を承認するだけなので、通常は比較的簡単です。ただし、銀行カードは通常、預金にのみ使用されます。

モバイルバンキング

モバイルバンキングは、インドで人気のあるもう1つの支払い方法です。これは通常、さまざまな銀行が提供するバンキングアプリを介して行われます。アプリを使用することで、パンターはモバイルデバイスを使用していつでもどこでも取引できます。

モバイルウォレットはインドでも非常に人気があります。ユーザーは、モバイルウォレットをクレジットカードまたはデビットカードとリンクして、アカウントの読み込みに役立てることができます。その後、モバイルウォレットとの間で便利に送金できます。銀行カードよりもモバイルウォレットを使用する利点のいくつかには、処理時間の短縮とオンラインカジノからの引き出しを要求する可能性が含まれます。

Aadhaar対応決済システム(AEPS)

AEPSは、マイクロATMまたはPOSで、Aadhaar認証を使用して、任意の銀行のビジネス特派員を介してオンラインで相互運用可能な金融取引を可能にする銀行モデルを指します。お支払い方法はインドでのみご利用いただけます。

非構造化補足サービスデータ支払い(USSD)

USSD Paymentは、ユーザーがインターネットに接続せずに支払いを行えるようにする革新的なモバイル支払いサービスです。構造化されていない補足サービスのデータチャネルを使用しているため、基本的な携帯電話でも支払いが可能です。このオプションは、インドの銀行不足の場合に非常に便利です。

よくある質問

インドではオンラインベッティングは合法ですか?

オンラインベッティングは特定の州でのみ合法です。オンライン賭博が合法であるさまざまな州にも、パンターが利用できるオンライン賭博の機会に関するさまざまな規則があります。

国際カジノで賭けるときに現地通貨を使用できますか?

インドの最高のeSports賭けサイトのいくつかは、インドのプレーヤーが国際カジノを含むすべての賭け取引の通貨としてインドルピーを使用することを可能にします。これにより、パンターは為替レートについて心配する必要がなくなります。

eスポーツベッティングはインドで人気がありますか?

eSportsの賭けは、インドおよび一般的に世界中でまだ成長段階にあります。通常のスポーツベッティングやスロットなどのカジノゲームと比較すると、まだ比較的新しいものです。ただし、人気に関しては最も高い成長率を示しており、将来的に最も人気のある賭け市場の1つになる可能性が高いことを示しています。

パンターはどのように最高のeスポーツベッティングサイトを選ぶべきですか?

パンターは、eスポーツベッティングサイトを選択する際にいくつかの要因を考慮する必要があります。これには、提供されるさまざまなeSportsゲーム、支払いオプション、評判、および使いやすさが含まれます。パンターは、信頼できるカジノランキングサイトで詳細なガイダンスを確認することもできます。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

Baldur's Gate 3 アップデート 6: 強化されたゲームプレイと没入型体験
2024-02-16

Baldur's Gate 3 アップデート 6: 強化されたゲームプレイと没入型体験

Baldur's Gate 3 の最新アップデートであるパッチ 6 が到着し、多数のエキサイティングな変更と改善が行われました。この記事では、アップデートの主なハイライトを探り、それらが全体的なゲーム体験をどのように強化するかについて説明します。

WOW クラシック ディスカバリー シーズン フェーズ 2 のエキサイティングなアップデート
2024-02-13

WOW クラシック ディスカバリー シーズン フェーズ 2 のエキサイティングなアップデート

World of Warcraft Classic シーズン オブ ディスカバリーのフェーズ 2 が 2 月 8 日にリリースされ、ゲームにエキサイティングな新しいアップデートがもたらされました。このフェーズでは、レベルキャップが 40 に引き上げられ、プレイヤーは旅をさらに進めることができます。さらに、多数の新しい職業レシピとルーンが導入され、プレイヤーにカスタマイズのオプションが増え、ゲームプレイが強化されます。

ナイチンゲールは Xbox Game Pass に登場しますか?ここで調べてください!
2024-02-13

ナイチンゲールは Xbox Game Pass に登場しますか?ここで調べてください!

Inflexion Games の待望のサバイバル エクスペリエンス、Nightingale は間もなく早期アクセスでリリースされる予定です。多くのファンは、このゲームが Xbox Game Pass で利用可能になるかどうかを知りたがっています。残念ながら、ナイチンゲールは Xbox Game Pass ライブラリには含まれません。プレイヤーはゲームを楽しむために正規価格でゲームを購入する必要があります。