eスポーツベッティングに暗号通貨を使用する

Crypto Betting

2022-11-10

暗号通貨は、しばらく前から多くの人々の口に出てきました。これらのデジタル通貨について学ぶ人が増えれば増えるほど、ビジネスや個人的な事柄にデジタル通貨を使用することに熱心になります。ただし、他の良いことと同様に、 暗号通貨の賭け 特に eSports の賭けに使用する場合は、暗い面があります。 

eスポーツベッティングに暗号通貨を使用する

法定通貨からの移行を検討しているベッティング愛好家にとって、これらのデジタル コインを使用したギャンブルの長所と短所を理解することは非常に重要です。ありがたいことに、それがこの記事の要点です。

暗号通貨によるギャンブルの長所

プライバシー

オンラインベッティング愛好家は、デビットカードやクレジットカードから電子財布やプリペイドカードまで、一般的に適切な支払いオプションがあることを知っています.ただし、これらの支払い方法が保証できない顕著な問題の 1 つは、完全な匿名性またはプライバシーです。言い換えれば、ギャンブラーはこれらを使用するときにいくつかの個人データを明らかにする必要があります 入金方法

たとえば、ユーザーが自分のデータをゲーム プロバイダーと共有していないとします (e ウォレットの場合など)。その場合、少なくとも個人/財務情報の一部を仲介者または第三者と共有する必要があります。

暗号通貨では、すべての取引は匿名のままです。 eSports のパンターやその他のオンライン ギャンブラーが使用時に得られるプライバシー レベル ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、またはその他の暗号は、他の追随を許しません。ギャンブルが禁止されている国の居住者は、オンライン活動を追跡できないようにするために暗号通貨を好みます。

スピーディーな取引

すべてのベッターは、オンラインの eSports ベッティング アカウントに即座に入金して、すぐにベッティングを開始できることを望んでいます。結局のところ、それが人々がスポーツブックやその他のオンライン ギャンブル プラットフォームにサインアップする理由です。したがって、入金が処理されていないという理由だけで賭けを待たなければならないのは、非常にイライラすることがあります。 

ほとんどの支払い方法は高速ですが、仮想通貨の取引は即時です。さらに、クレジットカードや電子財布のように、暗号支払い処理に第三者が関与することはありません。これにより、トランザクション時間が短縮されます。

セキュリティの強化

多くの eスポーツ賭博サイト セキュリティを真剣に考えているため、強固な SSL 暗号化技術に多額の投資を行って、顧客の財務データが鍵とロックの下にあることを確認しています。ただし、暗号通貨は、SSL 暗号化よりも優れたブロックチェーン技術として知られているものを使用することで、データ セキュリティをまったく新しいレベルに引き上げます。

場所の制限なし

一部の支払いソリューションは、特定の法域または国のオンライン e スポーツ ベッティング サイトにトランザクションを制限しています。場合によっては、国で使用される支払いオプションまたは通貨がギャンブル プラットフォームでサポートされていない場合があります。 

さらに、オフショア ギャンブル プラットフォームがそれらの国のギャンブラーを受け入れていても、オンライン ベッティングとギャンブルが一般的に禁止されている国があります。暗号通貨で賭けることで、パンターはこれらすべての制限を回避し、場所に関係なく賭けることができます。

特別なボーナスとプロモーション

たくさんの eスポーツ賭博サイトはボーナスとプロモーションを提供します 暗号通貨で入金するパンターを特に対象としています。これらの特典はスポーツブックごとに異なりますが、これらのボーナスの資格を得るには、ベッターが暗号通貨を使用している必要があるという点が常にあります。 

これにより、世界が法定通貨から徐々に遠ざかるにつれて、ギャンブラーはデジタル通貨を受け入れるようになります。ただし、最も重要な eSport の賭けのヒントの 1 つは、パンターにこれらのボーナスとプロモーションの利用規約を確認してもらうことです。

短所

価値・ボラティリティの変動

暗号通貨市場は不安定です。つまり、暗号通貨の価格は、警告なしにいずれかの方向に大幅に変化する可能性があります。たとえば、パンターが 200 ドルをビットコインに変換し、そのお金を e スポーツ ベッティング アカウントに入金したとしても、後で引き出したときにビットコインの価値が下がっていることに気付く場合があります。 

この場合、ベッターは損失を被る必要があります。もちろん、逆に利益が出る可能性もありますが、仮想通貨は不安定であることに変わりはありません。

政府の監視がほとんどまたはまったくない

暗号通貨市場は、いかなる当局または政府の規制の下でも運営されていません。これは、お金の問題が発生した場合にユーザーが頼れる選択肢がほとんどないことを意味します。ただし、それは暗号通貨の eSport ベッティング サイトがライセンスなしで運営されているという意味ではありません。 

もちろん、それらのかなりの数が認可され、規制されています。許可を得ていない人でも本物である可能性があります。

テイクバックなし

ベッターが仮想通貨ウォレットに資金を送金すると、それはなくなります。間違った住所に送金された場合、補償はありません。これは、PayPal やクレジット カードなどの支払い方法が暗号支払いよりも優れている分野の 1 つです。 

したがって、ギャンブラーは仮想通貨で遊ぶときは特に注意する必要があります。ウォレットのアドレスは正確に取得する必要があります。

まとめ

暗号通貨は、2009 年に初めて登場して以来、長い道のりを歩んできました。そうです、ゲーム プロバイダーはお金を稼ぐビジネスを行っており、暗号通貨を受け入れるサイトがますます増えているため、プロバイダーはゆっくりと、しかし確実に、顧客が最も求めているものに焦点を移しています。仮想通貨には長所と短所の両方がありますが、前者はギャンブラーにとって魅力的です。

最新情報

e スポーツ ベッティング vs. カジノ ゲーム
2022-11-24

e スポーツ ベッティング vs. カジノ ゲーム

ニュース