ニュース

November 9, 2023

エミール・ラーセンがInfinite RealityのLECチームに残り、2024年シーズンに安定と新ラインナップをもたらす

Hiroshi Nakamura (中村博)
WriterHiroshi Nakamura (中村博)Writer
ResearcherHaruki NakamuraResearcher

Infinite RealityのLECチームのミッドレーナーであるEmil "Larssen" Larssonは、来シーズンも組織に残ることで口頭合意に達した。当初、ラーセンは9月にKOIと合意に達し、さらに4年間契約を延長すると報じられていたため、これは驚くべきことだった。しかし、KOI と Infinite Reality のパートナーシップに問題があるため、ラーセン氏は他の選択肢を検討することにしました。

エミール・ラーセンがInfinite RealityのLECチームに残り、2024年シーズンに安定と新ラインナップをもたらす

不確実性と交渉

KOIとInfinite Realityとの提携終了により、ラーセンは契約延長に関する口頭合意を破棄することになった。 10月下旬、ラーセンは組織の将来を取り巻く不確実性を考慮し、他のチームを積極的に探し始めた。 KOIは主要メンバーを維持するために選手たちと交渉を試みたが、組織予算の不確実性により交渉は不可能となった。

他のチームからのオファー

過去の実績と才能で知られるラーセンは、オフシーズン中に Excel Esports をはじめ、他の LEC および LCS チームから関心を集めました。 SKゲーミング、バイタリティ、フライクエストなどのチームがラーセンを先発メンバーとして検討していると伝えられている。しかし、ラーセンがインフィニット・リアリティーに残ることに口頭で同意したため、ラーセンの都合で保留になっていた他の選手も検討できるようになった。

無限現実の未来

ラーセンが残留する予定であることから、Infinite RealityのLECチームは2024年シーズンに向けて新たなラインナップを構築しようとしている。 GCDによると、トップレーナーのシゲンダとADキャリー・コンプはすでにそれぞれ2025年と2024年までの契約を結んでいる。しかし、ジャングラーのマルランとサポートのアドヴィエンヌは今年で契約が満了し、新たな機会を模索していると伝えられている。

結論として、Infinite Reality の LEC チームに留まるというラーセンの決断は組織に安定をもたらし、来シーズンに向けた新しいラインナップの構築に集中できるようになります。チームがどのようにパフォーマンスを発揮し、どのような新しいブランドを導入するのかを見るのは興味深いでしょう。

About the author
Hiroshi Nakamura (中村博)
Hiroshi Nakamura (中村博)
About

中村博は、京都出身のイノベーターで、オンラインカジノの鮮やかな世界をユニークな日本の文化に結びつけています。テクノロジーへの造詣の深さと伝統への鋭い感覚を融合させ、デジタルゲームの領域でのセンセーションとなっています。

Send email
More posts by Hiroshi Nakamura (中村博)

最新情報

レイジングボルト:ポケモンの新王者 VGC のメタゲーム
2024-04-10

レイジングボルト:ポケモンの新王者 VGC のメタゲーム

ニュース