10 ESports フィリピン

オンラインゲームはフィリピンで人気のある娯楽活動です。フィリピンのeスポーツ業界はここ数年で途方もなく成長しており、このアジアの国のプレーヤーがトップのeスポーツイベントに出演しています。その結果、群島でのeスポーツゲームの魅力はますます高まっており、国内のeスポーツベッティングの魅力に大きな影響を与えています。

オンラインeスポーツベッティング業界は解き放たれ続けているため、ほとんどのフィリピン人は成長するベッティング市場を認識していないことに注意してください。フィリピン人が賭けをするのが好きであることに基づいて、この東南アジアの国の大勢の聴衆は、数日中に彼らの最初のeSports賭けをする寸前である可能性があります。

10 ESports フィリピン
フィリピンのeスポーツベッティングサイト

フィリピンのeスポーツベッティングサイト

ブックメーカーは、eスポーツベッティング市場が提供する可能性を十分に認識しています。近年、オンラインeスポーツベッティングサイトは、フィリピンのオンラインゲーム業界に焦点を移しています。つまり、フィリピン人は選択できる賭けサイトの長いリストを持っています。ゲームのトレンドがどうしようもないとすれば、フィリピンでのeスポーツベッティングは2022年以降に繁栄するように設定されています。

フィリピン人プレーヤーは、eスポーツゲームのカバレッジ、賭け市場、支払い方法、およびライセンスステータスの可用性に関して、eスポーツゲームのニーズに特に応えるローカルまたはオフショアのカジノの目的地を選択できます。ブックメーカーの長いリストの中で、フィリピンで最高のeSportsベッティングサイトの中にはほんのわずかしかありません。

フィリピンのeスポーツベッティングサイト
フィリピンでのeスポーツベッティングの歴史

フィリピンでのeスポーツベッティングの歴史

スペインの植民地化以前から、フィリピンにはギャンブルが存在していました。しかし、フィリピン人がいつギャンブルを始めたかを示す記録はありませんが、ほとんどの指標は16世紀後半の中国の影響を示しています。これら2つのアジア諸国の近さは、間違いなく、中国人がフィリピンにギャンブルを導入できた主な要因です。

スペイン植民地時代には、この国のギャンブルの状況に大きな進展がありました。その中で重要なのは、当時の伝統的な形式のギャンブルの制度化でした。 19世紀までに、フィリピン人はすでにさまざまな形のギャンブルに賭けをしていました。その中で重要なのは、闘鶏、競馬、カードゲーム、宝くじ、その他のカジノゲームです。

19世紀のギャンブルの普及により、フィリピン人はギャンブルに固執しました。社会のあらゆるレベルでのギャンブルの普及は憂慮すべきものであり、スペインの植民者は当時のギャンブルの人気を抑えるために厳格な措置を講じることを余儀なくされました。これらの措置は、最終的には国内での賭けの犯罪化に至りました。

その後、アメリカの占領に続いて、ギャンブルを犯罪化する努力は結果を生みませんでした。その結果、アメリカ人は1912年にギャンブルを放棄し、後に再導入する必要がありました。その後、公衆衛生やフィリピンの一般福祉の促進など、慈善目的でギャンブルが制度化されました。早送りすると、Philippine Amusement and Gaming Corporation(PAGCOR)は、陸上のカジノを規制するようになりました。国のギャンブル法は絶えず改善されてきました。

フィリピンでのeスポーツベッティングの歴史
近代史

近代史

PAGCORの設立後、90年代には、多少の落ち込みやハイキングはあったものの、ギャンブル業界に大きな変化が見られました。さまざまな形態のギャンブルが国内で導入されており、その中でも重要なのはカジノと スポーツベッティング。今日目撃された開発のいくつかは、90年代に実現された開発と密接に関連しています。

近年、この国への多額の外国投資が見られます。ただし、国内でのギャンブルの受け入れの増加は、陸上でのギャンブルに限定されています。これは、オンラインカジノのゲームが何らかの形で違法であり、ゲーム活動が国のゲームステーションに限定されていることを意味します。オンラインゲームに関する注目すべき進展は、2012年の画期的な判決であり、オフショアカジノが国内でサービスを提供するための窓口を何らかの形で作成しました。

近代史
最近のフィリピンでのeスポーツ

最近のフィリピンでのeスポーツ

フィリピンを賭けるオンラインeSportsは、2017年に導入されて以来、2桁成長しています。この成長は、技術の進歩とインフラストラクチャの開発に起因する可能性があります。スマートフォンへのアクセスの拡大と国内でのインターネットの発展は、この業界をサポートする上で大きな役割を果たしています。

新進のフィリピンのeスポーツエコシステムは、League of Legends(LoL)やPlayer Unknown's Battleground(PUBG)などの外国のトーナメントやゲームに大きく固定されています。フィリピンは間違いなくeSportsにとって理想的なエコシステムであり、2018年半ばに開始された最初のフランチャイズベースのリーグ「TheNationals」の開発などの最近の開発が進んでいます。

フィリピンでのeスポーツベッティングの未来

の未来 オンラインeスポーツベッティング フィリピンでは、オンラインギャンブルに関するいくつかの厳しい規制にもかかわらず、明るく見えます。 eSportsベッティングの未来を形作る大部分は、政府と民間の両方のプレーヤーが国内でeスポーツゲームをどのようにサポートするかにかかっています。

フィリピンでのeSportsの賭けは、eSportsファンの間で主に見られ、そのほとんどがスポーツへの情熱を共有していることも注目に値します。若い世代はこれらの開発に不可欠であり、最大のステージで競争することを最も望んでいます。その結果、eSportsイベントの視聴者は増え続けており、フィリピンでのeSportsの賭けが形になるのは時間の問題である可能性があるという事実を示しています。

最近のフィリピンでのeスポーツ
フィリピンではカジノは合法ですか?

フィリピンではカジノは合法ですか?

フィリピンのギャンブル業界は厳しく規制されています。業界は、島内の2つの管轄区域、フィリピンアミューズメントアンドゲーミングコーポレーション(PAGCOR)とカガヤン経済特区の下で規制されています。これらの2つの機関は、規制とライセンスの発行を処理することを義務付けられています。陸上カジノの規制に加えて、PAGCORは国内のオンラインカジノのライセンスと規制も監督しています。

質問に戻ると、フィリピンではカジノは合法ですが、一定の制限があります。フィリピン人は、国内で陸上カジノをプレイし、認可されていることに問題はないはずです。ただし、これはオンラインカジノゲームに関しては別の問題になる可能性があります。フィリピンでカジノを運営することは合法です。ただし、その国で認可されたオンラインカジノオペレーターは、フィリピン人プレーヤーにサービスを提供することはできません。

オンラインカジノゲーム フィリピンでは流行していますが、これはオフショアカジノで行われているだけです。フィリピンでのオンラインカジノ賭博の合法性については疑問がありましたが、フィリピンのプレーヤーがオンラインで賭けをすることを禁止されていないことを確認した2012年の画期的な判決まではありませんでした。そのため、信頼できるオフショア管轄下で認可および規制されているオンラインカジノでプレーすることを保証するのはプレーヤーの責任です。

フィリピンではカジノは合法ですか?
フィリピンの賭博行為

フィリピンの賭博行為

前に述べたように、フィリピンのギャンブルの風景は厳しく規制されています。したがって、すべてのギャンブル活動は、特別法および大統領令に基づいています。いくつかの賭け行為と法令は、フィリピンのギャンブルの枠組みを定義しています。これらには以下が含まれます:

共和国法7922

1994年の共和国法7922は、カガヤン経済特区の設立に貢献しました。この法律はまた、フィリピン政府の規制当局CEZAを設立し、経済特区内でのギャンブル活動を監督する任務を負っています。

共和国法9287

共和国法は2004年に施行されました。これは、フィリピン上院と下院によって制定されました。これは、国内での違法なギャンブル活動に対する罰則を強化するのに役立ちました。

共和国法10927

この2017年の法律は、フィリピンを拠点とするカジノに特定のマネーロンダリング防止規則を規定しています。その中で重要なのは、少なくとも5年間のギャンブル記録の保持と、特定のリスク管理ポリシーの実施です。 The フィリピンの反マネーロンダリング評議会(AMLC) は、カジノ運営者がこれらの規制に準拠していることを確認する任務を負っており、これには多くの場合、ランダムなチェックが含まれます。

大統領命令第13号

2004年にロデリーゴ・ドゥルテテ大統領によって承認されたこの法律は、国内での違法なギャンブル活動と戦うことを目的としています。また、国営の宝くじを承認し、オンラインカジノの運営者がフィリピン人プレーヤーにサービスを提供することを禁止することも目的としています。さらに、この命令では、違法なギャンブルを、それぞれのカジノライセンス機関によって許可されていない活動として定義しています。

これらの法律に加えて、ギャンブル業界はいくつかの行政または大統領の法令の対象となります。フィリピンのギャンブル法における大統領令のいくつかは次のとおりです。 大統領令No.1067-a、 大統領令第1062号、 と 大統領令第1869号、1978年に採用されました。1982年と1994年にそれぞれ採用されました。ほとんどのフィリピンの法律はオペレーターを対象とし、ギャンブル活動を定義していることは注目に値します。それにもかかわらず、少なくとも今のところ、オフショアオンラインカジノへのアクセスを明示的に禁止する法律はありません。

フィリピンの賭博行為
フィリピンのeスポーツ法

フィリピンのeスポーツ法

フィリピンに賭けるeSportsの合法性について心配することはあまりありません。プレイヤーは2つの要件を満たす必要があります。まず、eスポーツベッターは18歳以上である必要があります。第二に、eSportsの賭けサイトは、海外の信頼できる管轄区域によって認可されるべきです。後者は、賭け法がフィリピン人プレーヤーが地元のカジノでプレーすることを禁じていることを考えると特に重要です。そして前述のように、ほとんどの賭け法はカジノ運営者に向けられています。プレーヤーに向けられているものは、あるとしてもごくわずかです。

フィリピンのeスポーツ法
フィリピンの選手のお気に入りのゲーム

フィリピンの選手のお気に入りのゲーム

フィリピン人のeスポーツは引き続き繁栄しており、200万人近くのeスポーツ愛好家がいます。特に、フィリピンで開催されたいくつかのグローバルeスポーツトーナメントは、フィリピンでのスポーツの普及に貢献しています。この流行が増すにつれて、ここにフィリピン人プレイヤーの一部がいます お気に入りのeスポーツゲームのタイトル:

リーグ・オブ・レジェンド(LoL)

LoLは間違いなくフィリピンのeスポーツプレイヤーの間でファンのお気に入りです。これはeスポーツベッターにも当てはまります。これは主に、魅力的な収益を生み出す可能性がかなり高いためです。 LoLトーナメント、イベント、または試合が常に開催されます。ただし、ほとんどのフィリピン人は、リーグオブレジェンドワールドチャンピオンシップやリーグオブレジェンドプロリーグなどの国際的なLOLイベントに焦点を当てています。

Dota 2

Dota 2は、フィリピンおよび海外で人気のあるeSportsゲームです。フィリピン人プレイヤーは、ナショナルズ、フィリピンプロゲーミングリーグ、ギャラクシーバトル、MPGLアジア選手権などの地元のDota2トーナメントに賭けることができます。地元のオプションに加えて、彼らは国際的なイベントに賭けをすることもできます。

カウンターストライク:グローバルオフェンシブ

CS:GOは、特定の暦年に多数のトーナメントが開催されたおかげで、フィリピンで大きな魅力を享受しているもう1つのゲームです。 CS:GOファンは、国際的なイベントの長いリストに扱われるだけでなく、WASD Tarlac eSports LeagueやCS:GO AsiaChampionshipsなどの地元のイベントを見逃すことはできません。

フィリピンの選手のお気に入りのゲーム
フィリピンでのお支払い方法

フィリピンでのお支払い方法

フィリピン人プレーヤーを受け入れるほとんどのeSportsベッティングサイトは、スムーズなゲーム体験を提供するために非常に長い時間を費やしています。 お支払い方法 オンラインゲーム体験に大きな影響を与えます。いくつかの支払い方法では、パンターはフィリピンペソにお金を預けて同じ通貨で遊ぶことができます。フィリピン人のパンターが一般的に使用する支払い方法を次に示します。

デビットカードとクレジットカード

フィリピン人のパンターは、利便性とアクセスのしやすさから、デビットカードとクレジットカードを非常に好みます。フィリピンで一般的に受け入れられているブランドには、Visa、MasterCard、AmericanExpressなどがあります。

Eウォレット

Eウォレットは間違いなくフィリピン人プレイヤーにとって素晴らしい選択です。フィリピンのeSportsベッターの間で最も人気のあるeウォレットには、Neteller、PayPal、Skrillなどがあります。電子財布を使用することの最大の利点は、PHPを含む複数の通貨をサポートし、入金と出金のオプションを兼ねていることです。

電信送金

以前ほど人気はありませんが、フィリピンでは電信送金が今でも使用されています。電信送金は他の支払い方法よりも匿名性が低くなりますが、処理時間が異常に長く、法外な手数料がかかり、最低額が高いため、ハイローラーに最適です。

暗号通貨

暗号通貨は、匿名性、処理時間の短縮、追加料金なしで、eSportsゲームコミュニティでますます好まれる支払い方法になりつつあります。ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、カルダノは、フィリピン人プレイヤーの間で最も一般的に使用されているオプションの一部です。

フィリピンでのお支払い方法
よくある質問

よくある質問

フィリピンではeスポーツベッティングは合法ですか?

はい&いいえ。eスポーツベッティングはフィリピンでは合法です。ただし、オンラインゲームに関する法的な問題は、通常、どこでプレイするかを選択するときに発生します。理想的には、フィリピン人は地元で認可されたオンライン賭博サイトでプレーすることはできませんが、法的な結果を危険にさらすことなくオフショアカジノでプレーすることができます。

フィリピン人プレイヤーを受け入れるオンラインブックメーカーはどこにありますか?

簡単なオンライン検索で、フィリピン人プレーヤーを受け入れるeSportsベッティングサイトのリストが表示されます。しかし、カジノがフィリピン人を受け入れるからといって、それが頼りになる選択肢になるわけではありません。パンターは、それぞれのカジノのライセンス状況を調べることに熱心でなければなりません。ほとんどの場合、プレーヤーは、徹底的にレビューされたフィリピンの最高のeSportsベッティングサイトに限定することをお勧めします。

他の形態の合法的なギャンブルはありますか?

eSportsの賭けに加えて、フィリピン人はさまざまなオンラインカジノゲームを探索できます。ここでの落とし穴は、フィリピン人は海外で認可または運営されているギャンブルサイトに限定する必要があるということです。カジノベッティングであろうとスポーツベッティングであろうと、オフショアベッティングサイトでプレーする際に心配することは何もありません。

よくある質問