主要な市場が世界中でスポーツギャンブルを受け入れているため、eスポーツギャンブルは多くの地域で違法のままです。 eスポーツとスポーツベッティングはどちらも、ベッティングプロセスとオッズが似ています。ただし、両者の主な違いは、未成年者のeスポーツへの参加です。 eスポーツへの賭けは伝統的にほとんどの地域で違法でした。これは部分的には若いゲーマーが大勢でeスポーツゲームに群がっているためです。 

統治体は、未成年者の参加を伴うあらゆるスポーツでのギャンブルを許可することを躊躇します。 eスポーツギャンブルの禁止は、八百長や未成年者の違法なギャンブルを含むことが多い違法な市場を生み出しました。ビデオゲームは引き続き若いプレーヤーを引き付けており、多くの自治体や州政府がeスポーツの結果に対する賭けの合法化に反対する方針を示しています。

法的なeスポーツベッティング国際eスポーツギャンブルよくある質問
中国
cn flag

中国

中国は間違いなく世界最大のeスポーツ市場です。一部の人々はそれを若い人々にとって過去の活動と見なしていますが、eスポーツはイノベーションの観点から中国の政策に深く組み込まれています。この事実に照らして、中国のスポーツ総局は2003年にeスポーツを公式に承認しました。

詳細を表示...
アメリカ

eスポーツゲームはすでに米国で主流になっています。米国は、eスポーツの問題で世界で最も人気があり収益性の高い地域の1つです。この「ステータス」はさまざまな要因に触発されており、その中で重要なのは、ほとんどの人が競争力のあるゲームとストリーミングをキャリアパスとして採用していることです。米国での視聴者数やギャンブルなどの重要なeスポーツは、新たな高みへと急上昇し続けています。

詳細を表示...
タイ

タイの文化は家族を第一に考え、その人々は楽しい社会的慣習に参加しています。 eスポーツゲームとスポーツベッティングは、急速に国の成長するギャンブル風景の一部になりつつあります。政府は、ギャンブル依存症の危険から市民を保護することに真剣に取り組んでいます。したがって、ギャンブルへの参加に関心のある人は、国営宝くじや競馬を合法的にプレイします。 

詳細を表示...
インドネシア

いくつかのアジア諸国は、あらゆる形態のギャンブルを禁止する意図を持っています。インドネシアも同様のスタンスを維持しており、それ以来、制限を別のレベルに引き上げています。ギャンブル問題に関する国の見方に向けた主な要因は宗教です。インドネシア人の約85%はイスラム教徒です。 

詳細を表示...
韓国

韓国は常にギャンブルと興味深い関係を築いてきました。第二次世界大戦の終結後、韓国が形成されたとき、あらゆる形態のギャンブルは非合法化されました。韓国人は海外旅行中にギャンブルをすることを許可されていませんでした。

詳細を表示...
イギリス

eスポーツ愛好家は、ウィットとグリットを使用して、ハイステークスの英国のeスポーツベッティングアクションの勝者を賭けています。英国(UK)でのeスポーツへの賭けは合法であるだけではありません。スポーツファンの間で非常に人気があります。実際、英国でのeスポーツベッティングのリーチと人気が拡大するにつれて、ゲーム業界の最大のブランドのいくつかが時流に乗っています。 

詳細を表示...
カナダ

eスポーツや電子スポーツはカナダで絶大な人気を誇っています。この新しい現象では、プレイヤーは個別に、またはチームとして戦います。従来のビデオゲームとは異なり、eSportsイベントには、数百、数千、さらには数百万のイベントが続きます。 eSportsが世界のほとんどの地域で主流になっているため、パンターは十分な選択肢を手にしています。

詳細を表示...
フィリピン

オンラインゲームはフィリピンで人気のある娯楽活動です。フィリピンのeスポーツ業界はここ数年で途方もなく成長しており、このアジアの国のプレーヤーがトップのeスポーツイベントに出演しています。その結果、群島でのeスポーツゲームの魅力はますます高まっており、国内のeスポーツベッティングの魅力に大きな影響を与えています。

詳細を表示...

ベトナム

法的なeスポーツベッティング

法的なeスポーツベッティング

賭けをする人は、その人が賭けをしている特定の地域で承認されたスポーツブックに賭けるeスポーツに合法的に賭けることができます。スポーツと同様に、eスポーツには年間を通じて高レベルのトーナメントと試合があります。人気の熱狂はeスポーツ市場の拡大成長を後押ししており、これは今後10年間で映画市場を上回る収益が見込まれています。

このため、これまで以上に多くのベッターがeスポーツに賭けをしています。 eスポーツへの未成年者の参加により、州および国の政府は、ゲームに関連する未成年者のギャンブルを防ぐ方法を模索しています。

米国では、ネバダ州やニュージャージー州のように、eスポーツベッティングを許可している州がいくつかあります。ただし、インディアナ州などの他の州では、スポーツベッティングが許可されている場合でも、eスポーツベッティングを明確に禁止する法律が可決されています。一部のeスポーツベッターは、オンラインスポーツブックを使用したオフショアベッティングに目を向けます。ギャンブラーは、地域の規制に違反しないように、eスポーツベッティング法を調査して理解することが重要です。

国内法および国際法は、特にeスポーツベッティング操作を対象とする傾向があるため、個々のギャンブラーを制限する法律はそれほど明確ではありません。 eスポーツへの賭けの合法性は、個々のeスポーツベッティングを管理し、世界中のゲームに参加する何百万人もの未成年者を保護するために施行されている地域の規制によって異なります。

法的なeスポーツベッティング
国際eスポーツギャンブル

国際eスポーツギャンブル

しかし、ニュージャージー州では、州が法案を可決しました。この法案では、eスポーツギャンブルは、プレーヤーのほとんどが18歳以上である国際トーナメントに制限されています。 eスポーツが成長し続けるにつれて、プレーヤー、試合、およびチャンピオンシップ大会への賭けを管理する法律は複雑になります。地方および国の規制は、土地およびオンラインでの合法的な賭けの機会にアクセスするギャンブラーの能力を管理します。

ただし、eスポーツのギャンブル間の相乗効果が需要を生み出しており、ブックメーカーは世界中で収益を増やすことを望んでいるeスポーツギャンブラーをターゲットにしています。実際、一部のスポーツブックは、若い視聴者を引き付けるためにeスポーツチームを後援しています。これは、議員が避けようとしているまさにそのシナリオです。

eスポーツにおける国?

2019年までに、中国、スペイン、カナダ、ニュージーランド、日本、韓国はすべて国際的なゲームトーナメントを主催しました。ニュージャージーは、400万人以上の視聴者が参加した2019年のワールドカップリーグオブレジェンドの決勝戦にちょうど間に合うようにeスポーツベッティングを承認しました。国際的には、地方自治体はeスポーツベッティング市場へのアプローチ方法を評価しています。

一部の議員は、若者がeスポーツを通じて賭けの機会にアクセスできるようにすることに固く反対しています。他の人々は、大人のギャンブラーからの税収を引き付けることを望んで、そしてeスポーツ賭博への若者の参加を抑制するためにいくつかの制限を設けることを望んで、微妙な道を歩みます。

ワールドカップの観客には、国際的な聴衆が含まれていました。 eスポーツに興味を持っている視聴者の数が非常に多いため、eスポーツギャンブルが発生しています。実際、ブックメーカーはeスポーツゲーム業界の視聴者をターゲットにしています。 eスポーツベッティングの市場価値は、2025年までに130億ドルを超えると予測されています。

ほとんどの政府は、歴史的に若い年齢のeスポーツ参加者をギャンブルの対象にするという道徳性に異議を唱えています。ただし、スポーツマーケットと同様に、ギャンブル施設は新しいベッターを売り込み、引き付ける方法を積極的に模索しています。オンライン広告からスポンサーコンテストまで、eスポーツビジネスはギャンブラーを引き付け、顧客基盤を拡大し続けています。

国際eスポーツギャンブル
よくある質問

よくある質問

eスポーツの人気が高まり続ける中、世界中の視聴者はゲームやギャンブルを介して参加する方法を模索しています。よくある質問への回答をいくつか示します。

eスポーツでのギャンブルは合法ですか?

最近まで、eスポーツベッティングはほとんどの主要市場で違法でした。 eスポーツギャンブルは比較的新しいものです。政府は現在、eスポーツの試合やトーナメントでビデオゲームをプレイすることに参加するユースゲーマーを保護するために、eスポーツベッティングを規制し始めています。ただし、世界中の一部の地方、州、および国の統治機関は、いくつかの形式でeスポーツギャンブルを許可しています。法律は、賭けをする人の場所によって異なります。

ギャンブルのeスポーツの年齢制限とは何ですか?

歴史的に、18歳未満のプレーヤーで構成されるトーナメントに賭けることは違法です。ベッティングでさえ、ベッターの場所の規制に応じて、一般的に18歳または21歳以上のギャンブラーに制限されています。しかし、法律は進化しています。

一部の地域では、若い参加者との試合にいくらか寛大に賭けることができます。もちろん、年齢による賭けを制限しない活発な違法な賭け市場があります。法的な境界にとどまるために、ギャンブラーは自分の居住地でのeスポーツベッティングを管理する法律を調査する必要があります。

ベッターはeSportsで合法的にギャンブルをすることができますか?

現地の法律は急速に進化しています。地域のギャンブル委員会に確認して、どの陸上プラットフォームまたはオンラインプラットフォームが合法的に運用されているかを判断することをお勧めします。一部の自治体では、eスポーツベッティングを厳しく禁止しています。ただし、世界中でギャンブルを提供するオンラインスポーツブックがあります。ただし、これらのデジタルeスポーツギャンブルの機会は、eスポーツギャンブルを禁止している地域の居住者には合法ではない場合があります。

よくある質問