10 ESports 韓国

韓国は常にギャンブルと興味深い関係を築いてきました。第二次世界大戦の終結後、韓国が形成されたとき、あらゆる形態のギャンブルは非合法化されました。韓国人は海外旅行中にギャンブルをすることを許可されていませんでした。

韓国のギャンブル法はより順応性が高くなり、ある種のスポーツベッティングへの道を開いています。国内の観光客に開放されている全国宝くじや陸上カジノもあります。ただし、オンラインベッティングは、国内ですべてのインターネットギャンブルが非合法化されているため、まったく別の問題です。

10 ESports 韓国

オンラインゲームは違法のままですが、韓国国民はこれらの法律に反対しています。これは、国内のパンターがオフショアのオンラインカジノで賭けることが多いことを意味します。したがって、韓国からのオンラインベッターは、海外の信頼できる管轄区域によって認可および規制されているオンラインベッティングサイトを確実に見つけるために、多大な努力を払う必要があります。

韓国に影響を与えるeスポーツの進化は、韓国のベッターの間でeスポーツベッティングに大きな関心をもたらしました。オンラインeスポーツベッティングへのパンターは、スペインで最高のeスポーツベッティングサイトをオフショアに向けています。

Section icon
賭けは韓国で人気がありますか?

賭けは韓国で人気がありますか?

韓国国民は従事することを許可されていませんが オンラインベッティング、多くの人はまだ賭けをします。多くの韓国のパンターが八百長の発生率の上昇と同義である地下のベッティングリングに賭けていることは注目に値します。ただし、ほとんどのプレーヤーはオフショアカジノやスポーツブックに急速に目を向けています。

オンラインカジノゲームは間違いなく韓国で人気があります。でも、 最高のオンラインカジノ 国ではオフショアに拠点を置いています。オンラインカジノゲームの主な推進力の1つは、プレーヤーが一流の開発者からのさまざまなゲームに快適にアクセスできることです。さらに、オンラインカジノでは、パンターが資金を積み込み、お気に入りのゲームでさまざまなインセンティブを利用することができます。そのため、地元の人々は国内の陸上カジノへのアクセスを許可されていない可能性がありますが、プレーヤーは従来のライブディーラーカジノゲームに参加できます。

オンラインカジノのギャンブルとスポーツベッティングが国内でますます人気が高まっている一方で、eスポーツベッティングへの関心が高まっています。この業界の急速な成長は、韓国がeSportsプレーヤーを公式に認めた最初の国であったという事実に起因する可能性があります。また、最大の賞金プールを備えた最大のeSportsイベントのいくつかを主催しています。

全体として、韓国人はさまざまなオンラインカジノやスポーツブックにアクセスできます。 eスポーツは国内で大きな支持を得ていますが、プレーヤーの好みが異なることを考えると、eスポーツが最も人気のあるギャンブルの形態であるとは言い難いです。

賭けは韓国で人気がありますか?
韓国でのeスポーツベッティングの歴史

韓国でのeスポーツベッティングの歴史

eスポーツベッティングは単なる流行ではなく、長期にわたる業界のトレンドです。ゲームが韓国で広くアピールする理由はたくさんあります。まず、国内の多くの人々はeスポーツイベントをフォローし、常に自分の「口」がある場所に現金を置くことを切望しています。さらに、物事がほんの数分で変化するゲームのダイナミックな性質により、eスポーツイベントはパンターにとって非常に有利になります。

初期の始まり

eスポーツベッティングは、eスポーツが公式スポーツとして公式に認められた直後に韓国のオンラインゲーム業界で注目を集めました。当初、賭博事業者もeスポーツ市場をカバーすることに消極的であったことを考えると、eスポーツ賭博業界が天文学的に成長するという明確な兆候はありませんでした。

手始めに、多くの要因がeスポーツベッティングの成長を妨げているように見えました。与えられた理由の中で重要なのは、eSports業界はほとんど規制されておらず、八百長の事例は当たり前だったということです。さらに、eスポーツは主に若い人口と関連しており、そのほとんどは成年未満であり、賭けをすることができませんでした。

eスポーツのフォロワーが新たな高みへと急上昇し続けるにつれて、視聴者数と賞金プールも天文学的に成長しました。これはまた、ギャンブル業界に大きな可能性があることを意味しました。国際的なブックメーカーは、チャンスをつかむために迅速に対応しました。また、賢いパンターはこれらの開発を彼らにとっての機会と見なしていました。物事は急速に変化しており、eスポーツ業界は以前よりも組織化されています。

今日の韓国でのeスポーツ

現在のeスポーツは韓国のファン現象です。 eSports業界は、アーマチュアプレーヤーをフィーチャーした謙虚な始まりから、韓国だけでなく世界中の何百万人ものファンに支えられた、ライセンスを受けたプログラマーによる複数のリーグへと飛躍的に成長しました。 eSportsベッティング業界の急速な成長の背後にある主な推進力は次のとおりです。

  • インターネットなどの高度なインフラストラクチャ開発はeSportsを支持しています
  • 韓国政府はeSportsをサポートおよび規制しています
  • サムスンなどの韓国の大手ブランドがeスポーツのサポートに積極的に関与しています
  • eSportsの大会が生放送されるメディアとのコラボレーション

当初、若いeスポーツ愛好家だけが主要なスポーツブックに含めるべきだと考えていました オンラインeスポーツベッティング 市場。しかし、その後状況は変化し、オンライン事業者はこのニッチ市場の可能性を十分に認識しています。

今日、eスポーツベッティング業界は数十億ドルを投じています。主要なeSportsイベントに賭けるパンターの数は増え続けており、賞金プールも増え続けています。リーグオブレジェンドワールド2021がeSportsの歴史の中で最も視聴されたイベントになったとき、2021年はeSportsの視聴者数の記録の年として歴史に名を残しました。

韓国人は今やeスポーツと伝統的なスポーツをほとんど区別することができません。 eスポーツは間違いなく従来のスポーツよりもはるかに進んでいます。これは、ある意味で、未来がどうなるかを垣間見ることができます。 eスポーツはここにとどまります。

韓国でのeスポーツベッティングの未来

COVID-19のパンデミックの間、eスポーツは韓国で大きな成長を遂げました。急速な拡大は、韓国のeスポーツベッティングオペレーターにとって大きなチャンスとなる可能性があります。将来がどうなるかを確実に予測するのは難しいかもしれませんが、eSportsが今後数年間で主要なスポーツイベントとすぐに競争できるようになる可能性があることを示唆する理由はすべてあります。

何百万人ものeスポーツイベントを視聴しているため、eスポーツのスポンサーを探している企業の数は増える可能性があります。そして、スポーツブックはすぐにこの機会をつかみ、業界により多くのお金を投入する可能性があります。

最後に、韓国政府がオンラインバンキングを合法化する兆候はないものの、おそらく、韓国政府はこの業界の規模を見て、彼らの厳しい姿勢をすぐに再考する可能性があります。

韓国でのeスポーツベッティングの歴史
カジノは韓国で合法ですか?

カジノは韓国で合法ですか?

何年にもわたって、韓国政府はギャンブルに厳しいままでした。地元のギャンブラーは通常、彼らが従事できるギャンブル活動の数に関して制限されています。彼らは主に政府が許可するものに制限されています。

賭けが行われたとき、ギャンブルは韓国の歴史の中で際立って特徴的です チャンギ と _シルム_、それぞれ現代のチェスと相撲に似ています。しかし、地元の人がギャンブルをすることができなくなった。また、 習慣的な海外ギャンブラー法 海外旅行中であっても、地元の人々はギャンブルを禁止されています。

1990年代に、政府は国営の宝くじを開始し、 _SportsToto_、政府が支援するブックメーカー。今日、法律はかなり緩和されましたが、個人や企業が韓国でオンラインカジノを運営することは依然として違法です。

韓国人は、より多くの市場にアクセスし、オンラインギャンブルが提供するスリルを楽しむために、国からのパンターを受け入れるオフショアブックメーカーに目を向けます。政府は依然としてオンラインカジノのウェブサイトへのアクセスを制限しようとしていますが、韓国のパンターはこれらのブロックを回避するための代替オプションを模索する必要があります。

カジノは韓国で合法ですか?
韓国のeスポーツ法

韓国のeスポーツ法

韓国政府は過去20年間、eスポーツ業界を積極的に支援してきました。この業界をさらに支援するためにさらに5カ年計画が実施されています。ただし、政府は、関係するすべての利害関係者に「最大の利益」を提供するように調整された法律を制定しました。 eSportsゲーム業界に向けられたいくつかの重要な法律があります。

青少年保護法

シンデレラ法またはシャットダウン法としても知られるこの2011年の法律は、韓国政府で制定され、未成年者のeスポーツゲームを管理するために設定されました。この法律では、16歳未満の子供はオンラインゲームにアクセスできません。

シャットダウン法は主にオンラインゲームを対象としており、従来のコンソールゲームやモバイルゲームを対象としていないことは注目に値します。何年にもわたって、一部のプレーヤーは、個人情報の盗難を含む、この法律を回避する方法を考案してきました。そして、この法律の施行が困難であることが証明されたという事実により、法務当局は、特定のゲームを禁止することを選択することがありました。

この法律の下では、この法律に従わないゲーム開発者は、最高1,000万ウォン(8,600ドル)または2年の懲役の罰金を科せられます。

この法律の合憲性は、若者の権利を侵害することに焦点を当てて、法廷で争われてきました。この法律は、間違いなく、親やゲームプロバイダーの一般的な自由をある程度侵害していると見なされることがよくあります。

韓国の賭博行為

韓国は、賭けの合法性に関して、国民と外国人を強く隔てている数少ない国の1つです。韓国人は外国人とは対照的に、好きなスポーツイベントに賭けるための多くの選択肢を与えられていないことはすでに指摘されています。たとえば、韓国人がすべての陸上カジノでギャンブルをすることは違法です。ただし、この国を訪れる外国人は好きなようにギャンブルをすることができます。

国のギャンブル法のほとんどはに含まれています 韓国刑法。この法律は、韓国国民が国内および海外でギャンブルをすることを禁じています。第246条および第247条に基づき、刑法はオンラインギャンブルを大幅に禁止しています。それにもかかわらず、市民はまだオンラインブックメーカーでギャンブルの方法を見つけます

外国人は合法的に設立された指定のカジノでギャンブルをすることが許可されていることも注目に値します。この規定はに含まれています 観光振興法 これは、観光客がお気に入りのカジノゲームをプレイできるようにするために、全国のすべてのカジノ施設に義務付けています。

韓国のeスポーツ法
韓国プレーヤーのお気に入りのゲーム

韓国プレーヤーのお気に入りのゲーム

韓国はeスポーツの祖国として知られているため、オンラインゲームがかなりの人気を博しているのも当然です。そうは言っても、韓国で最も人気のあるオンラインeスポーツゲームのいくつかを紹介します。

リーグ・オブ・レジェンド(LoL)

韓国人が支配している リーグ・オブ・レジェンズ 過去10年間のシーン。韓国のプロゲーマーが最大のステージで勝つことができただけでなく、ほとんどのLoLプロゲーマーが韓国人であることも知られています。 LoLの韓国でのプレイ率は50%です。これは、基本的に、韓国のPCバンのプレーヤーの半数以上がこのゲームをプレイすることを意味します。

オーバーウォッチ

によって開発された 猛吹雪 2016年、オーバーウォッチは「ヒーローシューター」ゲームです。このゲームは、主要なコントロールポイントをめぐって戦う2つのチームによってプレイされます。韓国のeスポーツプレーヤーの間でのこのゲームの人気は、その年齢とゲームの好みの柔軟性に基づいています。その人気に加えて、韓国のプロゲーマーはしばらくの間eスポーツサーキットを支配していません。

PUBG

PUBG、PlayerUnknown's BattleGroundsとも呼ばれ、映画に着想を得たマルチプレイヤーバトルゲームです。 PUBGは韓国で非常に人気があり、さまざまな理由で、しばらくの間、トップマルチプレイヤー一人称シューティングゲームでしたが、主にスリルと韓国所有の会社が開発したという事実のためです。

韓国プレーヤーのお気に入りのゲーム
韓国でのお支払い方法

韓国でのお支払い方法

お支払い方法 ブックメーカーとの間でオンライントランザクションを完了する場合に不可欠です。韓国のeスポーツパンターが利用できるいくつかの傑出した支払いオプションがあります。

クレジットカードとデビットカード

カード決済は、韓国ではさまざまな目的で一般的な支払い方法です。ほとんどの韓国のクレジットカードおよびデビットカードの所有者は、オンラインカードによる支払いに精通しています。カード決済の最大の利点は、韓国のプレーヤーにサービスを提供しているほとんどのオンラインカジノで受け入れられていることです。

ネッテラー

ネッテラーは、オンラインパンターにアピールするもう1つの支払い方法です。この支払い方法は、速く、安全で、安全であり、そして最も重要なことに、ほとんどのオンラインカジノとブックマークはネッテラーを受け入れます。

Skrill

Skrillは、今日世界で最も人気のある支払い方法の1つです。韓国のパンターがそれを広く使用しているのは当然のことです。韓国からのプレーヤーを受け入れるほとんどすべてのカジノは、支払いオプションとしてスキルを持っています。

これらの支払い方法は韓国で使用できますが、ギャンブルを取り巻く合法性のために匿名のままにすることを好むプレーヤーもいます。この場合、 暗号通貨の支払い(主にビットコイン) 韓国では急速に主流になっています。

韓国でのお支払い方法
韓国での賭けに関するよくある質問

韓国での賭けに関するよくある質問

韓国ではオンラインベッティングは合法ですか?

韓国ではオンラインギャンブルは違法であり、地方自治体の標的になっています。しかし、これは韓国人がギャンブルをしないという意味ではありません。韓国人はギャンブルに従事しているのを見つけられた場合、重い罰金または懲役さえも危険にさらします。

韓国人は海外でギャンブルをすることができますか?

はいといいえの両方。法律は韓国人が海外でギャンブルをすることを禁じています。しかし、一部の韓国国民はまだギャンブルをしています。ただし、この国のパンターは、地方自治体とのトラブルを避けるために、自分の足跡を確実にカバーする必要があります。

韓国で最高の賭けサイトはどれですか?

韓国人は、SportsTotoやSportsProtoなどの政府が管理するプラットフォームでオンラインで賭けることができます。しかし、地元のプレーヤーは、最高の賭けサイトは国際的なオペレーターによって運営され、海外で認可されたサイトであると信じる十分な理由があります。

ギャンブルの勝利は課税されますか?

はい。ただし、これは、競馬、自転車レース、宝くじなどの合法的なギャンブルにのみ適用されます。ギャンブルの収益には22-30%の税金が課せられます。ただし、オンラインカジノやeスポーツベッティングなどの他の種類のギャンブルは、違法と見なされるため課税されません。

オンラインプレイヤーに最適な支払い方法は何ですか?

韓国ではクレジットカードや電信送金が人気ですが、オンラインゲームに関してはリスクがあると考えられています。そのため、セキュリティのために暗号支払いと電子財布を強くお勧めします。

韓国での賭けに関するよくある質問